出産費用は健康保険組合+2万円

わたしの出産の場合、主人の勤務先の健康保険組合から支払ってもらったので、自分で実費で産婦人科へ支払ったのは2万円ほどでした。
出産後に必要な産褥セットや消毒セットなどが実費2万円に含まれているようです。

主人の勤務先の健康保険組合に「出産育児一時金」というものを申請し、42万円を健康保険組合と産婦人科が直接精算してくれていたようです。
今回わたしが経産婦で出産後の入院期間が短めだったこと、出産が平日の昼間だったことなどの理由から、産婦人科の請求額の方が40万円ほどだったので、2万ほど後日戻ってきました。

このシステムも年々少しずつ変わってきているようです。
9年前にわたしが第一子を出産した時は、会社の健康保険組合が支払う「出産育児一時金」は確か35万円ほどでした。
そのかわり、産婦人科に出産時に請求される金額も35万円ほどで、プラスマイナスゼロといった感じでした。
しかし、9年前は健康保険組合と産婦人科の直接精算ではありませんでした。健康保険組合に申請して、しばらくしてわたしに支払われるシステムでしたので、出産後に35万円もの大金をわたしが産婦人科にいったん支払わなければなりませんでした。

今は妊婦健診もかなり補助が出るようになっていたことも驚きました。
9年前は毎回の検診で5千円は支払っていましたが、今は健康な妊婦さんなら妊娠中にかかるの産婦人科代は2万円くらいではないでしょうか。

とりあえず、きちんと健康保険を納めていて、母子ともに健康で無事に出産できれば、出産費用はそこまで心配しないで良いと思います。

出産費用 ローン